ブログ

杉並区 冷蔵庫の処分 

今回の処分品は冷蔵庫。

と、まぁ良く処分するものですけど、

問題点を挙げるなら、

設置場所が2階、そしてサイズが大きい。

ということです。

 

ご依頼者さんに話を伺うと、設置時は階段から入れたのではなく

ベランダから吊り上げたとのこと。

今回も、吊り作業で行うことに。

さて、問題の冷蔵庫。

6ドアの550リッターの大物。

重さも調べてみたら、110キロとありました。

 

 

ご依頼者さん「大変な作業をお願いしてすみませんねぇ、

気を付けてくださいね」

 

とお優しいお言葉^^

 

いつも以上に気を引き締めて作業せねば!と

 

私「最善の注意を払って行います。お任せください!」

 

と返事をした。

 

 

先ずは、ベランダ側の窓ガラスを全て外す。

立派なアルミサッシなので、重い。

フローリングに傷を付けぬよう、毛布を敷き、そっと倒して置く。

次に、ベランダの手すりも傷が付かぬように養生ビッシリ。

1階からベランダ壁面にハシゴを掛け、こちらも準備OK!

(念の為、ハシゴは2本。安定するのでね)

 

冷蔵庫にベルトを2本付け、吊り下げ用ロープも取り付ける。

これで、全ての準備が整った。

 

まずは冷蔵庫を横倒しにしてベランダの手すりの上まで移動させる。

 

ずっしりと冷蔵庫の重量が腕にかかる。

ハシゴからズレないようにバランス良く、ゆっく~りと降ろしていく。

 

そ~っと・・・・・・

 

そ~っと・・・

 

・・・

 

無事地面に着地。

 

っふうぅ・・・・

 

毎回のことですがホッとします。

(油断すると傷付けてしまいますからね、、、

それとケガもするし、気が抜けない。)

 

依頼者さん「良かった~。。ありがとうございます」

 

私「いえいえ、こちらこそ心遣いに感謝です^^;」

 

拍手までしてくださった依頼者さん家族。

全て報われる瞬間でした^^

 

豊島区 ベランダの解体処分 

家具を分解して処分・・・

物置やプレハブ小屋を解体して処分・・・

これらの作業はよくご依頼ありますが、

今回は、ベランダを取り払ってほしいとの内容。

 

戸建て2階に付いている後付けの古いベランダ。

所々、朽ちている。

 

 

依頼者さん「危ないので外して処分してください」

 

 

とのこと。

よって、、とても危険な状態。

 

 

広さは3畳ほどのベランダ。

比較的新しいものは、アルミ製が多いが、これは古いのでスチール製。

塗装も剥げ、サビだらけ。

厚みがるので分解も苦労しそう。

ボルトもサビ付いてるの為、ディスクグラインダーで

所々切断する方法で作業することに。

2人で行うので、それ程時間もかからないかな~っと。

効率良く切断できるように取り掛かる。

ゴーグルや手袋などでケガの無いように、

火花などにも注意しながら作業を進めていく。

厚い鉄板なので、時間はかかるが何とか切断。

ディスクグラインダーが使用できない箇所は、

レシプロソーという道具で切断していく。

 

と、ここまで順調だったが・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・

 

・・

 

 

ここで予期せぬ出来事が

 

ディスクグラインダーの切断砥石の減りが思った以上に早い!!

用意していたものを全て使い切ってしまった。

作業はまだ、半分ほど残っているし。

 

うーん・・・

 

仕方がない。

 

その旨を、依頼者さんに伝えて、一人が急遽買い出し。

その間、切断したベランダをトラックに運び出し。

その間に、砥石も手に入り、作業続行!!

グラインダーの振動で手がしびれ、騒音で耳がキンキン@@;

ついでに火花でズボンが焦げた^^;

 

 

4時間程で全て分解し、運び出すことができた。

思った以上に時間が掛かってしまっな~っと思っていると、

ちょうどご依頼者さんもお帰りに。

 

依頼者さんも「あらまぁ。。キレイに無くなるもんですね」

「ずっとあったベランダだったから、違和感が^^;」

 

とおっしゃってました。

その後、べランダの思い出話も話していただいたり、

お菓子と飲み物まで出していただき、ありがとうございました!

 

PS:お庭の植木鉢など要らない物もあったので、その場でお見積りし

後日またお伺いすることになりました!

 

 

板橋区 ホームサウナの処分 

え、サウナって捨てられるの?

どうやって?

と思うかもしれませんが、

今回はホームサウナ。

 

 

電話ボックスくらいの大きさらしいがかなり重さがあるもの。

早速、ご依頼者宅へ。

築年数はかなり古そうだが立派な一戸建て。

初老のご婦人に案内されて品物のある部屋へ。

 

 

依頼者さん「最近は全く使ってなくて」

「場所も取るし邪魔になってる」

 

という理由で、

今回思い切って処分することに。

中を見てみると、物置のように色々な物が詰め込まれ

プチ倉庫状態^^;

 

 

私「一度中の物を全部出しますね。それから運びます」

 

依頼者さん「わかりました」

 

 

で作業スタート。

 

中の物を全てだし終わり、

いざ4人体制で運び出そうとしたところ、

重量がかなりある・・・(⦿_⦿)

何とか横に倒して玄関まで運び、外へ出そうとした瞬間

 

ガラガラガラッ

 

!??

 

・・・なに?

 

 

何事かと一瞬ビックリしたが、サウナの中の部品が外れて

中に落ちた様子。

床じゃなくてよかった・・・冷や汗かいた・・・

そのまま無事トラックへ。

 

 

依頼者さんも、まだ使えるんだけどね・・と言いつつ

サウナに向かって「長い間ご苦労様」と話されていました。

愛着のあるものってありますもんね。。

私の家のソファもそうですしね^^

 

練馬区 照明器具の処分 

現在付いている照明を新しいものに交換するので、

 

古い照明器具を処分してほしいとの依頼。

 

処分するのは、3部屋分。

 

いつもよく行う簡単な作業か、と思いつつ現場に到着。

 

チャイムを鳴らし、依頼者さんと対面。

 

 

 

私「処分する照明器具はどちらですか?」

 

依頼者さん「あのー・・すみません。照明器具を自分で

取り替えようと思ったんですけど、

取り外しができないので取り外しからお願いできますか?」

 

 

とのこと。

 

今付いている照明は一般的なシーリングライト。

 

 

私「ささっとやっちゃいます」

 

 

ですぐさま取り外そうと思ったが、

 

・・・・・脚立の用意が無かった( ̄□ ̄;;

 

仕方ないので、依頼者さんに確認。

 

 

私「脚立ってないですよね?椅子とかでも」

 

 

依頼者さん「良かったらテーブルを使ってください」

 

 

 

えー・・^^; テーブルは・・・

 

と一瞬ためらったが、仕方ない・・・。

 

テーブルに足を掛けてみると

 

ん・・・

 

・・・・・・

 

いきなりぐらつく(汗

 

一人用のテーブルで私の体重だと

キツイじゃないかぁぁぁ・・・(心の声

 

依頼者さんには

 

明日の朝、脚立を持ってまた来ます!

 

と了承をいただきましたが。

 

しかし、ショック。。

 

んー、

 

ダイエットだな・・・(; ̄ゝ ̄)

 

世田谷区 少量~大量のゴミ処分

たまにあるご依頼の中にこんなものがある。

 

「貰い物が溜まっちゃったら取りに来てくれる?」

 

貰い物が溜まっちゃったってどんな状態なのでしょう。

 

こちらのお客様は、先生と呼ばれる方。

 

先生にもいろいろあるから、そこは想像してください。

 

先生は、よく人から物を贈られます。

 

お菓子の時もあるし、果物の時もある。

 

タオルの時もあるし、野菜の時もある。

 

腐らないものであれば、そのまま取っておけばいいのに・・・

 

 

 

 

 

 

 

でも取っておいても溜まってしまうのでしょう。

 

腐るものや古くなって食べられなくなるものは正直困る。

 

クッキーくらいならばまだよい方。

 

熟れすぎた(・・・というか、腐った)メロンや

 

干からびた野菜なんかがあるからもう大変。

 

先生、これ良かったら・・・と頂くのだろうが、正直欲しくないのだと思う。

 

そのまま置きっぱなしだから。

 

最初は持ってくる人の気持ちも考えたらいいのに・・・なんて思ったけれど、

 

最近は、持ってくる人も考えればいいのにと少し思う。

 

だって一人暮らしなのに、大きなスイカなんか持ってきたって食べられるわけないし、

 

野菜なんて料理するわけない。(少しはするかもしれないけれど)

 

だから、溜まっちゃう。

 

もったいないけど、処分するしかない。

 

たまにビールやタオルなんかは、「使えたら使って」と言われることもある。

 

もちろん、喜んで頂くこともあるけれど。

 

なんか、あげる人ともらう人の気持ちって難しいなと思う。

 

もし、困ってしまったら電話して。すぐ行くから・・・

 

練馬区 ゴミ屋敷

ゴミ屋敷・・・ それは誰が付けた名前なのでしょうか。

 

テレビなどでおもしろく放送されているのを見て、

 

皆さんは興味深々で見ていることと思います。

 

でも、溜めてしまった方にもそれの理由があるのです。

 

何事にも最初の1歩があるということですよね。

 

今日お伺いした練馬区のお客様は、この10年で2LDKの

 

お宅すべてをゴミで埋め尽くしました。

 

なぜこんな状態になったのか・・・

 

もともと片付けが上手な方ではなかったということですが、

 

それでも普通に暮らしていました。

 

しかし、仕事が忙しくなりこのような状態になったのだそうです。

 

仕事が忙しくなると、会社にいる時間が増え、

 

自宅で過ごす時間が減ります。代わりに収入が増えます。

 

寝に帰るだけのお宅・・・ 誰も訪ねてくることはないお宅なので、

 

当然お掃除や片付けは疎かになります。

 

収入が増えることによって、物を買うことに躊躇しなくなり、当然物が増えていきます。

 

しかし、ある日働きすぎのせいか、病気になりました。病名は不明。

 

最初は病院に通院しながらの勤務でしたが、精神的にまいってしまい、ついに退職。

 

それでも病気は治らず、自宅療養。

 

すると自宅で過ごす時間が増え、代わりに収入が減りました。

 

何かをする気力もなくなり、毎日コンビニで買ってきた

 

お弁当を食べながらテレビを見る生活。

 

こんな生活が1年続き、いよいよ生活資金に不安が。

 

そしてこの頃から部屋は徐々に汚れていきました。

 

毎日生活しているわけですから、当然ゴミも出ます。

 

しかしゴミを出すこともできない。

 

だんだんゴミが溜まっていくと、今度は少しずつだそうとは思わなくなるのだそうです。

 

最初はベランダ。しかし隣近所の目もあるので、次第に家の方に溜めていきます。

 

台所や玄関のあたりから始まって、気が付けばリビングに。

 

さらにゴミは溜まっていきます。

 

その頃、生活資金が少なくなったので、近所の工場で働き始めます。

 

生活費の心配はなくなりましたが、今度は家にいる時間が減り、

 

やはり寝に帰ってくるような感じになりました。

 

ここまで溜まってくると、部屋をこうしよう、あーしようと思うことよりも

 

どこで生活しようかなと思うのだそうです。

 

数年すると、もう隣の部屋はゴミで埋め尽くされ、台所も足の踏み場がないくらい。

 

リビングも半分ほどはゴミに占領されました。

 

しかし居住スペースって無ければ無いで何とかやっていけるものです。

 

リビングの座椅子に座り、テレビが見えれば立派な居住空間。

 

そこに布団を持ってくれば眠ることもできるのです。

 

しかし台所やトイレ、お風呂へ行く通路が狭まっていきます。

 

最後にはトイレやお風呂にもゴミは溜まり、お風呂はレンタルルームの

 

シャワールームやサウナ。トイレは公園のトイレに変わっていきます。

 

しかし本人は決して不潔そうな雰囲気はありません。

 

服はコインランドリーやクリーニングでいつも清潔。

 

お風呂だって入っていますから。

 

歯車が狂ってからちょうど10年。また体の調子が悪くなりました。

 

今度はもうどうにもなりません。

 

毎日寝て暮らす毎日。トイレにも行けず、部屋の中で用を足すようになりました。

 

そして入院。

 

ここまでくれば、近所の人も気が付きますよ。おかしいって。

 

それで保証人が呼ばれ、部屋に入ってみると・・・

 

部屋は天井に着くほどのゴミ。そして異様な臭い。

 

保証人とは親。息子がこんな生活をしているとは気が付かず、こんなことになっていました。

保証人は不動産屋さんに迫られ、この部屋の荷物を処分することに同意。

 

3日以内にここをきれいにすることを条件にされました。

 

何せ、地方から急遽呼ばれ、このありさまを見せられ、途方に暮れるしかなかったと。

 

インターネットで当社を捜し、連絡を頂きました。

 

「とにかく何とかしてください。お金は自分が払いますから・・・」

 

そういうしかなかったのでしょう。

 

大丈夫、おまかせください。

 

明日中にはきれいにしてみせますから!!

 

しかしゴミは10年分。もう床と一体化してしまい、簡単に搬出する

 

こともままならない状態。

 

当社スタッフによれば、スコップがあれば掘っていました・・・と。

 

とにかくひたすらゴミ袋を運び出し、トラックへ。

 

トラックがいっぱいになれば、また次のトラックへ。

 

1か所、床が見えれば、喜びの声が上がるほどの現場でした。

 

家中のゴミや汚物、もう使えないであろう家具や電化製品を搬出してすべて終了したのは、

 

夜の8時。延べ人数、30名。2トントラック8台分。

 

今年一番のゴミ屋敷ではと思うくらいのお屋敷でした。

 

その日本人は帰ってきましたが、悪びれた様子もなく、普通にしていました。

 

この先、また溜めないと良いのですが・・・

 

港区 不用品処分は城西総合サービスへ

港区のゴミ、不用品の処分はすべておまかせください。

 

港区は日本一のビジネス街と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、千代田区や新宿区、中央区、江東区、渋谷区。目黒区、品川区に接しているからです。

 

そして港区には東海道本線の新橋駅、品川区があり、

 

山手線の新橋駅、品川駅、浜松町駅、田町駅があり、

 

京浜東北線の新橋駅、品川駅、浜松町駅、田町駅、横須賀線の新橋駅、品川駅、

 

東海道新幹線の品川駅、メトロ銀座線の新橋駅、表参道駅、虎ノ門駅、青山一丁目駅、

 

赤坂見附駅、外苑前駅、メトロ丸の内線の赤坂見附駅、メトロ日比谷線の六本木駅、

 

広尾駅、神屋町駅、メトロ千代田線の表参道駅、赤坂駅、乃木坂駅、

 

メトロ半蔵門線の表参道駅、青山一丁目駅。

 

メトロ南北線の麻布十番駅、白金台駅、六本木一丁目駅、白金高輪駅、浅草線の新橋駅、

 

大門駅、泉岳寺駅、三田駅、高輪台駅、三田線の御成門駅、三田駅、白金台駅、芝公園駅、

 

白金高輪駅、大江戸線の大門駅、六本木駅、赤羽橋駅、青山一丁目駅、汐留駅、麻布十番駅と

 

ゆりかもめの新橋駅、汐留駅、台場駅、日の出駅、お台場海浜公園駅、竹芝駅、芝浦ふ頭駅、

 

京急本線の品川駅、泉岳寺駅、東京モノレールの浜松町駅があります。

 

移動に便利屋な上に、セレブが生活している地域なのでビジネスにはとても向いていると

 

いうことです。

 

しかし港区はオフィスが多いイメージですが、24.3万人も住んでいるのです。

 

だからオフィスや店舗も多いのですが、居住者も多いのです。

 

ご家庭から出るゴミでもオフィスや店舗から出るゴミでも回収可能です。

 

ゴミや不用品を処分したい方はお電話にてご相談ください。

 

電話での見積も可能です。

 

新宿区の困り事は城西総合サービスへ

新宿区の困り事に関するご相談は城西総合サービスにおまかせください。

 

新宿区と聞くと繁華街というイメージが強いとは思いますが、実は約34万人の方が住んでいます。

 

もちろん、歌舞伎町に住んでいる方は少ないと思いますが、新宿区には都営住宅だけでも

 

18個もあるのです。それぞれの名称と戸数をあげてみましょう。

 

富山ハイツアパート(3019戸)

西大久保4丁目アパート(111戸)

長延寺アパート(101戸)

新宿若松町アパート(195戸)

花園町アパート(41戸)

東大久保1丁目アパート(164戸)

早稲田アパート(521戸)

西大久保アパート(358戸)

百人町3丁目アパート(503戸)

百人町3丁目第2アパート(90戸)

百人町4丁目第5アパート(388戸)

百人町4丁目第4アパート(364戸)

百人町4丁目第3アパート(208戸)

百人町4丁目第2アパート(304戸)

百人町4丁目アパート(355戸)

市ヶ谷富久町アパート(167戸)

弁天町アパート(83戸)

弁天町第2アパート(30戸)

 

なんと、7107戸もあるのです。

 

新宿区は単身世帯の割合が全国の市区で一番高いのも事実です。

 

そして月日が経ち、若い頃に入居した方々が高齢となっていることもまた事実なのです。

 

この団地に住んでいる方に限らず、新宿で一人暮らしをしている方は多いのです。

 

何かと一人暮らしの方には困りごとが多発します。

 

とかと様々な困りごとを解決してくれる隣近似の人付き合いはありません。

 

そんな時、あなたはどうしますか?

 

1人で何もできないとそのままにせず、城西総合サービスにご相談ください。

 

ちょっとしたことから不用品の処分、生前整理や遺品整理に至るまで

 

どんなことでもお手伝いさせて頂きます。

 

蛍光灯の取り換えやお風呂掃除だけでも伺います。

 

まずはご相談ください。

 

寝具の処分は城西総合サービスへ

今日は寝具の処分です。

 

寝具と一言で言っても種類はいろいろ。

 

ベッドも布団も枕も寝具です。

 

今日は押し入れのお掃除で伺ったのですが、

 

使わなくなった古いお布団がたくさんあったので、

 

それを処分することになりました。

 

敷布団だけでも20枚くらい。

 

その中には昔の分厚い3つ折りマットレスや低反発マットレスなどもあり、

 

掛け布団は薄掛けや綿布団、羽毛布団などがたくさんありました。

 

他にも枕や毛布、タオルケットやシーツなど寝具と言っても一言では言い表せないほどの量。

 

「昔は親戚や子供の友達なんかがたくさん遊びに来ていたから布団がたくさんあるのよ」と。

 

そうですね、ちょっとした民宿のようです。

 

お布団を運び出すと、押し入れにはダンボールず数個。

 

中には毛糸や端切れがたくさんありました。

 

昔は手芸が趣味でいろいろなものを作ったんだけど、年を取るとそういうの面倒で・・・と。

 

これも処分されるそうです。

 

今は誰も泊まりに来なくなったとちょっと寂しそうではありましたが、

 

押し入れはスッキリ。

 

今度は物置も片付けたいから、また頼むわねと言われ、本日無事終了です。

 

 

釣り竿の処分は城西総合サービスへ

趣味は釣りというお父さんは多いですよね。

趣味がゴルフより安いからいいよね・・・と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなことはありません。

釣りは結構お金のかかる趣味なのです。

ゴルフももちろんお金はかかります。

例えば練習時の費用。最初は打ちっぱなしで良いので、かかる費用はグローブ代1500円~2000円。

それと打ちっぱなしで使うボール代やレンタルクラブ代。

場所にもよりますが、だいたい2000円くらいですかね。

どこに行くか何回行くかで費用も変わりますが、1か月10000万円もあれば楽しめるそうですよ。

そしてここからがお金がかかるであろうコースデビュー。

まずは必要の物をそろえるのに大体10万円くらい。でもやすいものなら4万円弱で揃えることも

可能です。そしてコース代が大体10000円くらいです。

もちろん、リーズナブルな価格で計算していますよ。

なーんだ、じゃー釣りはもっと安いんじゃない?

もちろん、釣り堀ならば安く遊ぶことはできます。

また磯釣りで釣り竿1本持っていけばよいならばゴルフよりも安いと思います。

しかし、道具を揃えて釣りを楽しむと

リールや竿などの道具代だけで10万円くらいかかるのです。

その他、クーラーボックスや衣類、長靴などを揃えるのも10万円くらいかかります。

釣りをする人はルアーに凝ると言いますが、これ1つは1000円くらいなのですが、

だんだん凝ってくると10個、20個と増えていき、価格も1つ3000円以上かかってきます。

こんな感じですから、ゴルフが他界、釣りは安いということでもないようですね。

そして、この趣味を終わらせようと考えた瞬間、今まで揃えたどぇぐの量にビックリするのです。

あー、こんなものもあったなんて・・・

釣り竿は長いので個人で処分するのは大変。

そんな時は城西総合サービスにご相談ください。

すぐ回収に伺いますよ。

1 2 3 4 5 6 51