ブログ

足立区 庭木の処分は城西総合サービスへ

急にさむくなりましたね。

ちょっと前までは、着るものに困るような気候だったのに、もうコートを着ていても恥ずかしくない!!

でも、自分たちは動くからそんなに熱いものは着られない。

表は寒く、動くと暖かくなり、室内に入ると暑い・・・

いつもこんな感じだから、厚着をしない習慣がついてしまった。

でも真冬の作業はやっぱり寒い。

動けなくならない程度に、ヒートテックを着込んだり、靴下2枚重ねをしている。

おじさんたちは股引を履いているらしい。(笑)

 

さて、この時期に庭木の処分を頼まれました。

毎年、夏の終わりに依頼されるお客様です。どうして?

今年は夏の終わりに病気をしてそれからずっと具合が良くならなかったので、

いつもご自分でやる草むしりや枝切りができなったのだそうです。

やっと体調もよくなってきたけれど、ここで無理をすればまた具合でも悪くなったら大変。

ということで、今年は当社が行います。

ちょうど草も枯れ初め、木も葉が落ちてきたころだから、庭は荒れた状態に見えます。

お客様は気になって気になって仕方なかったと言っておりました。

大丈夫、ちゃちゃっとやっちゃいます。

とは言ったものの、枯れた草は抜きにくい。

木は葉が落ち始め、なんだか涼しい感じ。

庭は枯れ葉でいっぱい。どちらかといえば、庭掃除って感じ。

庭の彼はを集め、袋に入れて、草が残っているところは草むしり。

木は今のうちに枝を落としておかないと来年大変なことになってしまうので、

かなりコンパクトにカット。もちろん、むしった草も切った枝も回収。

とてもさっぱりしました。

お客様も満足。これで正月が迎えられるよと。

そうか、正月まで後1か月半を切ったのですよね。

今年中に何かをしたいというお客様、まだ間に合います。

何でもご相談くださいね。